腰痛

●特異的腰痛と非特異的腰痛

骨折、感染症、がん、変性疾患など、原因のはっきりしている腰痛(特異的腰痛)は約15%であり、 残りの約85%は、原因のはっきりしない腰痛は非特異的腰痛とよばれる腰痛です。

画像検査などで異常所見が認められても、それが腰痛の原因であるとは限らないのです。

●特異的腰痛

原因のはっきりしている特異的腰痛の場合は、各疾患ごとに応じた治療を必要とします。 例えば腰椎の圧迫骨折では、骨折箇所を一定期間固定、鎮痛剤を投与、基盤にある骨粗しょう症を治療する必要があります。 手術が必要な場合もあります。 なお、特異的腰痛の原因としてあげられる主な病名は次のものがあります。

①急性腰痛症、ぎっくり腰・・・腰部の急性の筋肉痛腰椎捻挫 筋肉痛、腰椎捻挫 ②腰部椎間板症・・・椎間板の変形 長時間立つとつらい ③椎間板ヘルニア・・・椎間板が変形により突出 ④腰部脊柱管狭窄症・・・椎間板突出による脊椎・脊柱管の変形 ⑤変形性脊椎症・・・レントゲン検査で椎骨間隙が狭小化 ⑥骨粗鬆症・・・レントゲン検査で骨が薄くなっている様子が認められる ⑦腰椎圧迫骨折・・・骨折 ⑧感染性脊椎炎・・・感染による発熱などもある。棘突起叩打痛 ⑨心因性脊椎症・・・ストレスや不安感の強さからくる神経症、心身症 ⑩腫瘍・・・良性腫瘍、悪性腫瘍 痛みが増大し、痛みやしびれが安静時も続くなど。早期の専門医受診が必要

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄は、高齢者に非常に多く、画像診断でほとんどの老人に異常所見が認められますが、 それが腰痛の原因とは一概に言えないのです。

●非特異的腰痛

原因がはっきりしない非特異的腰痛ですが、要因はいくつかあげられますが、 常日頃からの姿勢動作の悪さが大きく影響していると言えるでしょう。

①精神的要因(不満、不安、ストレス、抑うつ) ②肥満(BMI高値) ③妊娠後期(出産にて腰痛は軽快する) ④年齢(35歳くらい~) ⑤腰に負担のかかる職業(重量物の運搬、介護職、職業運転手など) ⑥運動不足

●痛みの種類

痛みには、筋肉由来の緊張性腰痛と、鈍い痛みを伴う慢性の腰痛があります。

①緊張性腰痛 筋肉などに過度なストレスが掛かることで、筋肉が緊張することで引き起こされる腰痛です。 過度なストレスを強いられると、交感神経は常に優勢になり活発化し緊張を強いられ、 余計な他の筋肉などにも力が入りやすくなります。 すると崩れたバランスを調節しようと腰の筋肉に負担が大きくなり、腰痛が発生すると言われています。

②慢性腰痛 腰痛が、3ヶ月以上継続する場合、慢性腰痛といいます。 経過が長くなると、鋭い痛みから鈍い痛みへの変化すると言われています。

③その他 緊急性の高い腰痛としては、 致死性の高い腹部大動脈瘤や大動脈解離、 場合によっては致死性になる腎梗塞、急性膵炎、排尿&排便が困難になることもある馬尾症候群などが挙げられます。 注意を要する腰痛としては、化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、硬膜外膿瘍、椎間板炎などの脊椎感染症や、 多発性骨髄腫やがんの骨転移などの悪性腫瘍の骨病変などがあります。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 二子玉川鍼灸院ー柳小路サロン