鍼灸の施術を受けた方へ

本日は二子玉川鍼灸院をご利用いただき、誠にありがとうございます。


鍼灸の施術を受けた方へ、施術後に注意いただきたいことをご案内しております。一度お読みいただけますと幸いです。


鍼灸は他の療術より刺激が強く、身体の変化が起こりやすい傾向があります。その変化に慌てず、快方へ向かう為に、施術後の過ごし方などをご確認ください。



1.施術後の過ごし方



  • できれば2~3時間安静にしてください。 安静にしていただくことで、治療効果が高まります。

  • 水分(お酒・カフェイン以外)を大目にとりお休みください。 治療後は筋肉が緩み血液の循環が良くなって、副交感神経の働きが高まりリラックスした状態です。水分(お酒、カフェイン含有のもの以外)を多めにとり、お休み頂く事をおススメします。

  • 「激しい運動」「長湯」「飲酒」は避けてください。 血液循環が良くなっているため、更に良くなるような行動をしてしまうと治療効果の減退や、気持ち悪くなったり、稀ですが倒れてしまう場合もあります。お控えいただくようお願いいたします。

2.施術後の身体の変化


  • 一時的に身体が重だるくなる場合があります。 理由は、施術をすることで身体に溜まった老廃物が流れ出すためです。老廃物が体外に排出される過程で起こるため、排出し終えると収まります。

  • 下痢や発熱、発疹、汗が出る、症状が重くなるなどの反応があります。 症状によってはこれらの反応が表れますが、これは「好転反応」や「瞑眩(めんげん)」と言われる身体が良くなる過程で一時的に表れる反応です。人によって異なりますが、だいたい1~3日程度で収まる方もいれば、慢性症状が長い方は数ヶ月続く場合もあります。

▼このような方に多く見られます▼

  • 久しぶりの治療

  • 日ごろから余り身体を動かしていない方

  • 虚弱体質の方

  • 症状が重めの方

  • 刺激の強い施術の後

※自然治癒力が正常に働いている証拠ですので、ご心配なさらずに安静にお過ごしください。反応が収まればすっきりします。


3.治療のペースについて

  • はじめは1・2週間おき どのような状態まで回復されたいかにもよりますが、はじめは1・2週間おきの治療をおすすめしています。症状が良くなってきたら、徐々に治療する間隔を空けていきましょう。

  • 目標は1ヶ月に1回 多くの方には、1ヶ月の1回の治療で楽な状態の維持を目標にしていただいております。

  • 悪くなりきらない前に再度治療 治療を重ねることで回復し楽になるのですが、日常生活をおくることで徐々にまた悪くなってきます。悪くなりきらない状態で再度治療することで、更に楽な状態になります。


治療を繰り返す事でどんどん改善し、回復の一定レベルを超えると、簡単なケアで回復するようになります。まずはそこを目指しましょう。

4.二子玉川鍼灸院の目指していること


二子玉川鍼灸院は、治療だけでなく「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上」を目指しております。生活の質と訳され、心身が健康で、自分らしく人間らしく生活できているかという事です。

それには病になる(症状が出る)手前に治す事が重要です。東洋医学では「未病治(みびょうち)」と言われ、予防医学と通ずるところでもあります。


その為に、ご自身の身体の状態の把握、お灸やストレッチ等のセルフメンテナンス方法日常生活の注意点や改善案指圧マッサージの指導なども実施しております。

関心、興味のある方はお気軽にスタッフにご相談ください。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 二子玉川鍼灸院ー柳小路サロン