土用の丑の日とは?夏は「う」のつく食べ物で元気に過ごそう!

こんにちは!二子玉川鍼灸院です。


毎日暑い日が続きますが、体調は崩されていませんか?暑さを我慢せず家の中ではクーラーをかけるなど暑さ対策をし、水分補給も忘れずに行ってくださいね。


さて、今回のブログテーマは「土用」についてです。

間もなく迎える土用の丑の日に向けて、「土用」についてお話させていただきます。


「土用」は季節の変わり目にあたる期間

いきなりですが、2021年7月28日は土用丑の日。みなさんこの日は「ウナギを食べる日」と思っていませんか?


実は土用とは、中国の五行思想(ごぎょうしそう)に由来しています。


五行思想とは、万物は木・火・土・金・水の5つの元素から成り立っているとするもので、五行説(ごぎょうせつ)ともいわれます。そして、五行のそれぞれに次のような象徴があると考えられています。

  • 木 … 春の象徴

  • 火 … 夏の象徴

  • 土 … 「季節の変わり目」の象徴

  • 金 … 秋の象徴

  • 水 … 冬の象徴

このことから、立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間を「土旺用事(どおうようじ)」、もしくは「土用」といいます。


「土用」と聞くと夏のイメージがありますが、実は「土用」は年に4回あるのです!


最初の日を「土用入り」、最後の日を「土用明け」といい、土用の期間は、季節の変わり目にあたります。体調を崩したり、消化器官が弱る時でもあるので注意が必要です。


活動的になるよりも、次の季節に備えてじっくり休み、気力・体力を蓄えるタイミングにしましょう。


「う」のつく食べ物でパワーチャージ!

夏の土用は、丑の日に「う」のつく食べ物を食べると良いとされています。


「う」のつく食べ物は、お馴染みのうなぎを筆頭に牛肉、梅干し、瓜など。それぞれ次のような効能があるので、体調に合わせて摂取してみてくださいね。

  • うなぎ:ビタミンAやビタミンB群が豊富で皮膚や目の健康の維持し、エネルギーを効率よく作り出す

  • 牛肉(うし):たんぱく質が豊富

  • 梅干し(うめ):クエン酸は疲労回復効果あり

  • 胡瓜やスイカ(うり):身体を冷やす働きがあり、夏に最適

元気に暑い夏を乗り越えよう!

2021年の夏の土用期間は7/19(月)~8/6(金)です。


この期間だけでも身体が喜ぶ食事を心がけて、体調を整えてみてはいかがでしょうか?


もし、なかなか不調が取れない、スッキリしない、と思ったときは二子玉川鍼灸院へお気軽にご相談ください。筋肉をほぐして、一緒に健康な身体をつくりましょう!




特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事