【魔法の食材】黒砂糖を食べて季節の変わり目に体調を崩しやすい原因を解消!

季節もすっかり秋となり、過ごしやすく動きやすい季節になりました。しかし、朝晩と日中の寒暖差で体調を崩されていませんか?

今回は、この時期に体調を崩しやすい原因と、体調不良の対策に優秀な黒砂糖についてご紹介いたします。参考にしていただき、寒暖差にも負けない身体を作りましょう!


なぜ夏から冬の変わり目は体調を崩しやすいの?



早速ですが、この時期に体調を崩しやすい原因は以下の3つが考えられます。

  1. 冷え

  2. 乾燥

  3. 疲れ

この中でも、朝晩の冷え込みからくる「冷え」について説明いたしますね。


身体が冷えると、身体を保護している表面のバリアが傷つくことで、ゾクゾクっとする悪寒や下痢、冷えなどの症状を引き起こします。さらに、冷えは血液の流れも悪くするため、頭痛や腹痛、筋や関節などの痛み、痙攣など、さまざまな不調にもつながるのです。昔から「冷えは万病のもと」と言われていますが、その理由も頷けます。


つい日中があたたかいので薄着をしたり、冷たいものを飲んだり、身体が冷えるような生活を送っていませんか?身体の不調に気がつく前に、しっかり冷え対策を行いましょう。


身体をあたためてくれる食材「黒砂糖」!

身体を温めてくれる食材は生姜やにんにくなどたくさんありますが、今回は普段の生活でも手軽に摂れる「黒砂糖」をご紹介します。


意外に思われた方もいるかと思いますが、黒い食材(黒ごまや海苔、黒豆、ひじきなど)は寒さで弱りやすい腎を守ってくれる、冬の救世主なのです。その中でも黒砂糖には、身体に嬉しい以下の3つの働きがあります。 

  1. 身体をあたためて寒気による痛みをやわらげる

  2. 血行を良くし、むくみを解消する

  3. 寒気を追い払う

身体をあたためてくれて、血行を良くしてくれるなんて冬にはぴったりですね。それに、とても手軽に摂ることができるのも嬉しいポイント。温かいコーヒーや紅茶に黒砂糖を取り入れてみたり、小腹が空いたとき、子供と一緒におやつに食べてみたり、料理に足してみるなど、アレンジも自在です。もし寝つきが悪いな?と思ったときには、温めた牛乳に黒砂糖を入れるとホッとして身体もあたたまっておすすめですよ。


まとめ

夏から冬にかけて体調を崩してしまう原因と、黒砂糖の効果についてご紹介いたしましたがいかがでしたか?


普段から黒砂糖を食べている方は少ないと思いますが、これを機に普段の料理やお茶の時間にぜひ取り入れていただきたいです。素材の甘みで身体もほっこりしますよ。


また、当院では個包装の扱いやすいかたちで黒砂糖を販売しておりますので、もし気になった方はお気軽にお問い合わせください。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 二子玉川鍼灸院ー柳小路サロン