ぎっくり腰を知ろう!




絶望感漂うギックリ腰。

これまで数多くのギックリ腰を治療してきましたが、皆さまに共通するのは不安感が強い!という事。


その不安感の正体は強い痛みと「わからない」「想像出来ない」から来ています。


ギックリ腰とはどういうものなのか、一体身体はどうなっているのかを知れば、不安感は無くなるでしょう!


そういう私もギックリ腰は過去何回も経験しています。腰ボロボロです笑


そんな腰にならない為にも、敵を知りましょう!

そして、ギックリ腰は予防できます。

日々のちょっとしたケアで快適腰生活が待っていますよ。



ギックリ腰のタイプ


ギックリ腰は急性腰痛とか突発性腰痛と言われます。

グキッというきっかけがあるタイプと、いつの間にか痛くなるタイプがあります。



痛さのレベル

1.動かすと軽く痛い

歩けるが、立ち上がる時に気を付けないと立てない

2.動かすとかなり痛い

じっとしていれば我慢できるが、次の動作に移る時に痛みが出る。なんとか歩ける。

3.姿勢が固まって動かせない

ゆっくりだと動かせる場合もあるが、激痛が走るので動かしたくない。歩くのは困難だが、這って動けるかも。

4.動けない

炎症がありジンジンする。どの方向でも激痛があり、動かせる気配がない。

介助してもらってギリギリ動ける。かも。


1、2、程度により3は鍼灸院で対応可能


です。

4までいくと、場合によっては救急車です。


ざっくりですが、

1、2は約1週間で回復できます。

3は1〜2週間、

4は原因によります

 

ギックリ腰のタイプ(詳しくはその1ヘ) 下に行くほど重症度が高いです。 1.動かすと軽く痛い ↓ 2.動かすとかなり痛い ↓ 3.姿勢が固まって動かせない ↓ 4.動けない




■原因

1、2は筋肉原因の場合が多いです。 腰や背中の筋肉がつった様にぎゅっと縮こまっています。 そこを守ろうとして周りの筋肉が徐々に硬くなっていき、痛みも増してきます。 3、4は筋肉以外の原因もあります。 筋肉が原因の場合もありますが、腰椎がズレたり、靭帯が切れる、椎間板ヘルニアなどのケースもあります。

■判別方法

ざっくりとした判別方法です。 1.2.3のレベルの方はお試し下さい。 4はそれどころではないかもしれません。 お風呂などで温めると、痛みが軽くなる ↓ 恐らく筋肉が原因です。 筋肉をゆるめる事で痛みが緩和してきます。 お風呂などで温めても痛みが変わらない、強くなる ↓ 炎症がある可能性があります。 筋肉が原因でも、強めに損傷しています。 特定の方向に曲げると、ビリッと電気が走る様な痛みがある。 ↓ ヘルニア、腫瘍などがあるかもしれません。


■対処方法

筋肉原因の場合は、セルフケアでも対処できる場合があります。 2、3日経っても痛みが変わらない、痛みが強くなる場合は 無理せずに整形外科や、専門的に診てもらえる鍼灸院に行きましょう。

1から3で筋肉原因の場合は温めて下さい。

痛いと冷やしがちですが、炎症がない場合は冷やすと悪化する場合があります。

痛い所やその周囲を温める事で筋肉の緊張が緩和し、痛みが和らぎます。


もし温めた事でズキズキ痛みが出てきたら、炎症がある可能性があります。

痛みが強いようでしたら、濡れタオルで冷やしてみて下さい。

氷嚢や保冷剤は冷た過ぎるので避けたほうが良いです。


耐えられそうなら、少し様子を見て下さい。 炎症は身体を治す為に必要な反応です。冷やし過ぎると、治るスピードが遅くなります。

温めて痛みが少し緩和したら、ゆっくり動きましょう。

筋肉の緊張が原因なので、簡単に言うと筋肉が緩めば痛みは治まります。 痛い姿勢、痛みが強くなる方向を確認することで、不安からくる緊張を取り除きます。 温めて筋肉をリラックスさせて、ゆっくり動かす。 この繰り返しで、徐々に回復していきます。


■最後に


今回はギックリ腰についてまとめてみました。

ギックリ腰の正体わかりましたか??


ギックリ腰は、慢性腰痛の果てに出てくる症状です。

そういう意味では急性症状の処置は適切ではない事が多いです。


急に痛みに襲われるので、つい冷やして動かさない様に安静にしてしまうと思います。

また、整形外科に行くとシップや痛み止めを処方されるので、痛みを散らすのみで終わらせてしまう方が非常に多いです。


そうすると強張った腰は強張ったままになってしまうので、次のギックリ腰に繋がりやすいです。

硬くなった筋肉をしっかり緩める事で、2度3度と繰り返さない様にしましょう。

ギックリ腰は予防できます!



特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事