検索
  • Soshi Machida

さらばギックリ腰!その1



絶望感漂うギックリ腰。

これまで数多くのギックリ腰を治療してきましたが、皆さまに共通するのは不安感が強い!という事。


その不安感の正体は強い痛みと「わからない」「想像出来ない」から来ています。


ギックリ腰とはどういうものなのか、一体身体はどうなっているのかを知れば、不安感は無くなるでしょう!


そういう私もギックリ腰は過去何回も経験しています。腰ボロボロです笑


そんな腰にならない為にも、敵を知りましょう!

そして、ギックリ腰は予防できます。

日々のちょっとしたケアで快適腰生活が待っていますよ。



ギックリ腰のタイプ


ギックリ腰は急性腰痛とか突発性腰痛と言われます。

グキッというきっかけがあるタイプと、いつの間にか痛くなるタイプがあります。



痛さのレベル

1.動かすと軽く痛い

歩けるが、立ち上がる時に気を付けないと立てない

2.動かすとかなり痛い

じっとしていれば我慢できるが、次の動作に移る時に痛みが出る。なんとか歩ける。

3.姿勢が固まって動かせない

ゆっくりだと動かせる場合もあるが、激痛が走るので動かしたくない。歩くのは困難だが、這って動けるかも。

4.動けない

炎症がありジンジンする。どの方向でも激痛があり、動かせる気配がない。

介助してもらってギリギリ動ける。かも。


1、2、程度により3は鍼灸院で対応可能です。

4までいくと、場合によっては救急車です。


ざっくりですが、

1、2は約1週間で回復できます。

3は1〜2週間、

4は原因によります。



その2へつづく

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

鍼灸の施術を受けた方へ

鍼灸治療を受けた後の注意点をご案内いたします。 鍼灸は他の療術より刺激が強く、身体の変化が起こりやすいです。 その変化に慌てず、快方へ向かう為に幾つかの注意点がございます。 ■施術後の過ごし方 出来れば2~3時間安静にしていただくと、治療効果が高まります。 治療後は筋肉が緩み血液の循環が良くなり、副交感神経の働きが高くなってリラックスした状態です。 その為、水分(お酒、カフェイン含有のもの以外)を

© 2016 二子玉川鍼灸院ー柳小路サロン